日々のこと

当院での感染予防への取り組みについて。

皆様こんにちは。
院長の相馬です。
 
数年前にもご報告させていただいた内容なのですが、
最近新聞やテレビなどで
歯科医療機関で使用したタービン(ハンドピース)などを滅菌せずに
他の患者様へ使用しているという報道がありました。
 
患者様より問い合わせを頂く事もありましたので、
当院の院内感染防止対策についてご報告を申し上げます。
 
当院では治療時に使用するタービン(ハンドピース)や先につけるドリルなどは
使用ごとに滅菌処理を行っております。
 
また患者様に使用する医療用グローブ(手袋)は当然使用毎に廃棄しており、
滅菌器での処理を行えない器具(クリーニング時に使用するブラシなど)は
使用後廃棄するか、
歯ブラシなど患者様が持ち帰れるものに関しては差し上げております。
 
院内感染防止対策に大きなコストがかかることは事実ですが、
この部分に関してはコストを優先すべきではないと考えております。
 
院内感染予防対策については情報も更新されるため、
院内基準もその都度バージョンアップしてまいります。
 
以上の感染予防についてはもちろんですが、
来て下さる患者様皆様が安心して受診できるよう、
今後もスタッフ一丸となって努力してまいります。
 
相馬歯科医院
院長 相馬 桂

最新の記事