Medical Care

大人の予防歯科のすすめ大人の予防歯科のすすめ

相馬歯科医院は定期的な検診によって、虫歯や歯周病といった歯の病気を未然に防ぐ「予防歯科」に力をいれています。相馬歯科医院は定期的な検診によって、虫歯や歯周病といった歯の病気を未然に防ぐ「予防歯科」に力をいれています。

そもそも予防とは?

症状が悪化して身体的・経済的負担が大きくなってしまう前に症状が悪化して身体的・経済的負担が
大きくなってしまう前に

歯医者は多くの人にとって、虫歯や歯周病といったお口のトラブルがあったときに初めて足を運ぶ場所ではないでしょうか。しかし、気づいたときには重度にまで症状が進行し、身体的・経済的負担が大きくなってしまうというケースが少なくありません。それを防ぐために相馬歯科医院が推奨しているのが、病気にかかってからの「治療」ではなく、かかるまえの「予防」です。

予防のための取り組み

歯科先進国の予防システムを取り入れて、歯の病気を未然に防ぐ歯科先進国の予防システムを取り入れて、
歯の病気を未然に防ぐ

当院では、歯周病治療最高峰のスウェーデン・イエテボリ大学で研究されている予防システムを取り入れています。歯科先進国であるスウェーデンでは、なぜ虫歯・歯周病にかかり、どのような処置を行えば症状が改善するのかが科学的に実証されているのです。当院でもこの予防システムを取り入れることによって、歯の病気を未然に防ぐことを推奨しています。

具体的な予防方法

菌の温床であるバイオフィルムをPMTCによって除去菌の温床であるバイオフィルムを
PMTCによって除去

市販の洗口液はもちろん丁寧なブラッシングを行っても、完全に落とすことのできない汚れが「バイオフィルム」です。これが虫歯や歯周病菌の温床となります。つまり、これを除去することが虫歯や歯周病を予防する第一歩であり、そのために当院が行っているのがPMTC*です。専用器具によってバイオフィルムを除去し、歯の表面をツルツルにすることで再付着も防げます。歯のエナメル質表面へのカルシウム補給を促して、再石灰化を促進するなど一石二鳥の効果もあります。
*PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning/専門家による歯の清掃)

当院のPMTCに対する考え方

受診の目安は3-6ヶ月に1回

歯の健康を保つ上では優れた効果のあるPMTCですが、当院では「プラークやバイオフィルムを落とす処置」としてではなく、「歯の汚れを落とすトリートメント」と位置づけています。そのため1回きりで歯をきれいにして終了ではなく、継続的(3~6ヶ月ごと)に行い汚れをつきにくくすることを推奨しています。PMTCの予防専門セミナー(スイスデンタルアカデミー)を受講した歯科衛生士が担当するので、安心してご来院ください。

当院のPMTCに対する考え方当院のPMTCに対する考え方

日本人の80歳での平均残存歯数はわずか8本。他の先進国に比べ圧倒的に劣っているのが表から一目瞭然だと思います。なぜこのような結果になるのでしょう?日本人は歯が弱いのでしょうか?その答えは、アメリカやスウェーデンの歯科治療費が超高額だからです。

例えば、虫歯1本の治療費は皆保険制度の日本では1万円程度ですが、アメリカやスウェーデンでは20~30万円もします。もしアメリカの歯医者さんで2、3本のむし歯が見つかったら…家計は火の車ですよね。だから虫歯にならないようにする意識が非常に高く、家族みんなが、歯科の定期検診(クリーニング)に行くのが常識なのです。その結果、高齢になったときに日本人よりもはるかに多い本数の歯を維持できるのです。

3か月~6か月おきの定期検診(クリーニング)は、時間も手間も費用もかかります。しかし近年、お口の健康が心筋梗塞、脳梗塞、痴呆など全身の病気に密接に関係していることがわかってきました。もちろん、定期検診を受けると、医療費がかかります。しかし、虫歯のみならず様々な病気になりにくいので、年間医療費は48歳で逆転します。さらに歯の本数は80歳で20本以上、硬いお煎餅やお餅も不自由なくどんどん食べられます。健康寿命はというと…比較するまでもありませんよね。
ご自身の歯に今以上に興味を持ち、少しの時間と手間をかけて定期検診を受け、ご自身の歯のメンテナンスを行いましょう!

当院のPMTCに対する考え方当院のPMTCに対する考え方